独学プログラマーの徒然なる日記

体調不良により、急遽NEETになった俺が、いろんな試行錯誤して人生盛り上げる話

俺がRailsに挑戦して失敗した理由。

俺は、Railsに挑戦していたが、見事に詰んだ。

 

depaken.hateblo.jp

depaken.hateblo.jp

depaken.hateblo.jp

 

その原因を自分なりに考えてみた。

 

大きな原因は、明確なビジョンが無かった

Railsはやる事が多い。

もし、Railsで「Twitterクローンアプリ作りたい!」「〇〇なECサイト作りたい」という具体的なビジョンが無かったら、間違いなく詰む。

Rails開発で大切な事は、ビジョンを具現化させるための計画性だ

例えば、

・ページ数
・サイトデザイン
・E-R図
・処理の流れ
正規表現...etc

など、Railsでは普通に開発するための計画、プロセスが必要だ。
軽い気持ちで、作る事は出来ない。

モチベーションを保つ為にもビジョンが必要だった

あなたが「なんとなく」Railsをやるのであれば、絶対にオススメしない。
上記のことをやるには、ビジョンが必要不可欠だ。

「俺は、このサービスを作りたいんだ!」

そういう、不屈の意志を支えるものが必要だ。(Railsに限った話じゃないけど。)

 

目的が無い勉強は無意味

目的が無い勉強は無意味である。今すぐ辞めていい。
そんな状態で、いいものは作れない。

今までは、何でもいいからスキルになるものは挑戦しようという気持ちでいたが、
ただ挑戦するだけでは、もうダメなんだと気づかされた。
 

夢でもいい。ビジョンはあるか?

iOS開発やAndroid開発は、夢や具体的なビジョンがある。
Unityもそうだ。
でも、Railsなどのフレームワークは具体的なビジョンや夢が無かった。
長く続けられなかったのは、そこが原因だろう。
ビジョンは、物事をやる上でのエネルギーになる。

 

Railsはどうするの?

前回も書いたんですが、Railsは一旦辞めます。
中途半端な状態でやっても辛いだけですしね。
もう一度ビジョンが見つかったら、書こうと思います。

 

WEBアプリ開発は、HTML+CSS+PHPで充分だった。

よく考えたら、こっちの方が作品のイメージがしやすいです。


Railsフリーク「君は所詮その程度の人間です。」

 

ああ、悪いか?その程度の人間で?

WEBアプリなんて、所詮それで成立するし、無理にフレームワークやらなくてもいいんじゃないかと思います。

 

というわけで、PHPやるぞ。
とりあえず、バイバイRails

 

最後に

Ruby on Railsで一番大事なのは、目的(ビジョン)を実現する為の計画だと思います。


①どういうアプリ・サービスを作りたいか?
②どういう機能が必要か?
③ページ構成・データベースはどうするか?
④制作の際、どんなツール(Sass,bootstrap...etc)が必要か?

 

この事前な計画を立てる事が大事だと思います。
その為にも、①の「どういうアプリ・サービスを作りたいか?」という点を重視してイメージしてみてください。
イメージが出来たら、②〜④を意識して、Railsに取り組んでください。

くれぐれも、俺みたいに、失敗しないようにね。

ではでは。