English is my life.

I'm Japanese. This blog is written in English. Because, I strengthen my English.

【学び直し】Focus Goldに変えます。

ども。数学の学び直しをしている馬五郎です。

 

depaken.hateblo.jp

 

あれから白チャート一通りやりましたが、(数1A・2Bまで。数3は諸事情でやってない。)
なんか合わない感じがしていたので、Focus Goldに変更することにしました。

 

Focus Gold 

 

Focus Gold 4th Edition  数学I+A

Focus Gold 4th Edition 数学I+A

 

難易度は、青チャートと同じくらいとの評判でしたが、
正確に書くと、

 

Check問題 → 白チャートより簡単
例題・練習 → 青チャート(もしくはそれ以上)
チャレンジ → 青チャートより難しい
実践 → 難関大学過去問

 

 

 

という感じで、網羅性半端ないです。

問題に関しては、基本(*)、標準(**)、応用(***)、発展(****)があり、

基本と標準に関しては、青チャートよりは、難しくない印象です。(ただし、簡単ではない)

 

個人的には、こっちの方がやりやすいので、今後はFocusでやります。

ただ、ここら辺の問題はフィーリングできるかどうかによるでしょうね。チャート式だと、しっくりこないというか、なんか違和感があったので、Focusにしたらあってたという感じでしょうね。

あとは、使い方ですね。

正直、全部をこなすは、流石にきついと思います。(フェルマーの小定理など、高校数学の分野でないのがあるので。)

基本例題(*)と標準例題(**)をやれば、概ね学び直しには大丈夫だと思います。
それでも、きつい場合は、最悪Check問題で1周してから例題に入った方がいいと思います。

全ての人に対応できる1冊だと思います。

 

まとめ

Focus Goldは、基本から発展まで網羅性が高い参考書である。
青チャートに比べて、情報が整理されている
レベルによって使い方を考慮しなければならない
それでも全ての人に対応できる1冊だと思う

 

最後に

今回、購入するかどうか迷いましたが、結果買って正解でした。
おかげで、数学の学習スピードが上がりました。

ただし、今後購入を検討している人たちに伝えておきたいことは、網羅系参考書は使い方次第で大化けするということです。

問題を選べば、基礎固めでも使えるし、
全てやれば、数学のレベルが上がるという感じで、

全ては、使い方で変わってきます。

あとは、ネットの情報に惑わされないことです。
Focus Goldも実際に見てわかりましたが、
ネットの情報は、あまりアテになりませんでした。

チャートもFocus Goldもどれも良い本です。
でも、本当に自分にとって良い本かどうかは、実際に使ってみないと分からないということを学びました。(当たり前だけど、改めてそう思う。)

というわけで、これからも頑張ります。

ではでは。